【あつ森】岩(石)を叩くなら『家具を2つ置く方法』が最強!効率的なやり方を解説【あつまれどうぶつの森】

f:id:YouTubeLabo:20200324053719j:plain

こんにちは、うしねこです!

今記事では、あつ森の効率的な『岩の叩き方』について解説していきます!

 

 

岩を叩いた時に「だんだん場所がズレて叩けない時があるのがウザい!」と感じたことはありませんか?

何も対処をしないと、岩を叩いた反動で位置がズレてしまい、岩の手前の穴を掘ってしまう場合があります。

従来のどうぶつの森では『穴を2つ掘って反動を抑える』方法が主流でしたが、今作「あつまれどうぶつの森」ではさらに効率的に岩を叩く方法が発見されたのです!

概要

f:id:YouTubeLabo:20200326201708j:plain

あつまれどうぶつの森では、『ショボいスコップ』や『スコップ』を持って岩を叩く事でベルやいし(石)、てっこうせき(鉄鉱石)などを入手することができます。

今までのどうぶつの森シリーズでは、1日ごとに現れる岩の場所が変化していましたが、今作『あつ森』では、破壊しない限り場所が固定されるようになりました!

ベルをドロップする岩は、『100ベル→200ベル→400ベル→800ベル→1000ベル→2000ベル→3000ベル→4000ベル』となっています。

鉱石をドロップする岩は、『てっこうせき(鉄鉱石)』『いし(石)』『ねんど(粘土)』『きんこうせき(金鉱石)』の4種類のうちどれかがドロップする仕様となります!

鉱石系のドロップ率は、わたくし筆者の体感ですが

いし(石)→50%

ねんど(粘土)→30%

てっこうせき(鉄鉱石)→20%

きんこうせき(金鉱石)→1%

といった感じだと思います!あくまでわたくし筆者の体感ですので、参考程度で考えていただければ幸いです(笑)

確率をご覧になってお分かりになる通り、金鉱石がドロップする確率は非常に低いです!

一週間岩を叩き続けても1〜2個程度しか出ないのはザラにあるので、金鉱石を狙っている方は根気強く粘っていきましょう!

金鉱石が欲しいけど日にちは変えたくない!といった方は、マイルりょこうけんなどを使って別の島の岩を叩きにいきましょう!

 

効率的な叩き方

f:id:YouTubeLabo:20200324052354j:plain

現在判明している効率的な岩の叩き方で1番効率が良いとされているのが、『2つ家具を置く方法』です!

【やり方】

1、スコップを用意する。

2、画像のように、岩から1マス離れた場所に家具をハの字に置く。

3、岩を叩く

といった感じです。簡単ですね!

序盤では家具があまり手に入らないかもしれませんが、ちゃんとプレイしていれば1日後くらいには実践できると思います。

ちなみに、置く家具は1マス×1マスの家具をオススメします!

画像ではラグビーボールを壁代わりに使用しています!480ベルと安いのでオススメです。

理由は、位置をセットしやすい上に、あまり大きくない方が島の外観的に綺麗だからですね(笑)

 

穴を掘るよりも効率的である理由

ここまで読んでいただいた方の中には「それなら穴掘れば良くね?」を思う人もいらっしゃると思いますので、『家具を2つ置く方法』の方が効率的だという理由を書いていきます。

岩の場所が固定になった

今作「あつまれどうぶつの森」では、従来のシリーズとは違って『岩の位置が固定』となりました。

つまり、岩を叩いた反動を抑えるための壁(穴や家具)の位置を移動させる必要がなくなったということです!

1日経過すると消えてしまう掘り穴よりも、永遠に残り続ける家具を置いた方が効率が良いですよね?
家具を置くことによって、岩を叩くためのセッティングが完璧となるので上で解説した『家具を2つ置く方法』が岩叩きの最適解となったわけですね!

穴よりも叩きやすい

上記の理由に比べて、「家具を置く方が穴を掘るよりも岩を叩きやすい」というメリットもあります!

丸い家具と四角い家具に差があるのかは定かではありません。しかし、家具と掘り穴には明確な差が存在します。

これは実際に岩を叩いてみると分かるのですが、掘り穴で叩くと、叩くたびにツルツルと壁の外にズレていってしまう場合があるんです(笑)

上手な人がやれば掘り穴でも大丈夫かもしれませんが、僕みたいな下手な人間が叩くと失敗する確率がありますので、きちんと角ばった家具を置くのが◎です!

まとめ

今回の記事では、岩をより効率的に叩く方法を例を挙げつつ解説していきました。

従来は穴を掘るのが1番楽に岩を叩く方法でしたが、今作「あつ森」では穴を家具に置き換えることによって、さらに岩を叩くのが楽になりましたね。

この情報によって、皆さんのあつ森ライフがより快適になることを願っております!

今日はここまで!